2015/08/07

09.21 "黒煙ジャズ - F.I.B JOURNAL × UCND - 第二夜" at UrBANGUILD, Kyoto イベント出演

"黒煙ジャズ - F.I.B JOURNAL × UCND - 第二夜"
at UrBANGUILD, Kyoto
2015.09.21 [mon / Holiday] OPEN / START 19:00
Charge : adv. 2,300yen + 1drink / door. 2,800yen + 1drink


LIVE :
UCND (softribe.jp) feat. Koyo & Shoichi Murakami

VISUAL :
AKITO SENGOKU [TIME PAINTING]

DJ :
Takanori Hirano (Bootsy's Records)

* * *
F.I.B JOURNAL DUO+1
山崎円城 (Vo,G)
沼直也 (Dr)

Guest :
Little Woody (Contrabass)

山崎円城が2003年に立ち上げた国内屈指のポエトリージャズ。2005年からEgo-wrappin'のサポートベーシストとして活動する真船勝博、ドラマー沼直也が正式加入。トリオ編成に。

コントラバスとドラムのセッションを基調とし、その上にスポークンワーズが絡む独特なスタイルは、現代のビートニク音楽である。F.I.B JOURNALとして現在までに5枚のフルアルバムを発表している。

2009年に発表した"Calm & Punk"では、パンクの精神を抱いたビートニクの怒れるジャズ「ジャズパンク」とも称される。

2003.10
1st Album "F.I.B HEADLINE" (basis records)
2006.03
2nd Album "ROUTINE4229" (basis records)
2007.09
3rd Album "Ordinary Folk Records" (Ordinary Folk Records)
2009.01
3rd Album+DVD "Ordinary Folk Records+" (Ordinary Folk Records)
2009.01
4th Album "Calm & Punk" (Ordinary Folk Records)
2013.03
5th Album "紙よさらば" (Ordinary Folk Records)

2013年、管やオルガン、パーカッションを加えた、ビックバンド編成Orquesta F.I.B JOURNALを不定期にスタート。

2014.02 7inch Single "老いたる国の夜明け / 紙よさらば"
2014.08 Tape e.p "Orquesta F.I.B JOURNAL e.p"
2015.01 Album "Orquesta F.I.B JOURNAL Ghetto Strings"をリリース。

* * *
UCND (softribe.jp) feat. Koyo & Shoichi Murakami
http://www.softribe.jp/
90年代初頭より活動を続けるSOFTのメンバーUCONとKNDによるユニット。KNDが紡ぐブレイクビーツにベースがウネリを加え、これ迄に親交を深めてきた様々なミュージシャン達がそのトラックに自由度高く有機的に絡み、深く、熱く高い次元に昇華させた漆黒のサウンド。最近では、鍵盤奏者ムラカミショウイチと、SAX奏者のKOYOとセッションを重ね、新たな次元に突入。

アルバム「TerraIncognita」では、前述の二人に加え、歴代のSOFTの面々や、クロマニヨンのコスガツヨシ, A.H.B.のオオマエチズル, FINALDROPのGOROなど素晴らしいゲスト陣が参加。これ迄にDJ KENSEI, DJ DUCT, DJ SAGARAXX, 9dw, KUNIYUKI, JOE CLAUSSELL, O.N.O., IZUPON, POLLAR COLORS, GROOVEMAN SPOT, THE CHEEBACABLA etc…と競演・セッションしている。

2014年8月には前途のアルバムから<GOLF CHANNEL>や<JAZZY SPORT>よりアルバムをリリースしているDJ NATUREのリミックスを収録したアナログEP第1弾をリリース。

* * *
仙石彬人  AKITO SENGOKU [TIME PAINTING, Visual]
1983年 静岡県浜松市生まれ。京都市在住。2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、OHPを用いたヴィジュアルによるライブパフォーマンス"TIME PAINTING"をはじめる。宇宙や空、または細胞の世界を覗きこんだような抽象的なヴィジュアルイメージは、カラーインクやオイル、水などの液体を使って即興的に作られ、投影されている。まるで演奏をするかのように、3台のOHPを同時に操りながら紡がれる、光による物語の世界は、レイヤー状に重なることで深く、より緻密に複雑に広がり続けている。

山本精一, ナスノミツル, Fernando Kabusacki, CINEMA dub MONKS, Shing02ほか国内外のミュージシャンや、小野雅子, 鈴木ユキオのほかダンサーや舞踏家などジャンルを問わず様々な分野の表現者とコラボレートを繰り返し、流れていく夜にまぼろしのような時間を浮かびあがらせている。

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!
UrBANGUILD アバンギルド  http://urbanguild.net/
京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F

2015/08/06

09.15 "VISUAL/MUSIC VOLUME.05" at UrBANGUILD, Kyoto イベント出演

"VISUAL/MUSIC VOLUME.05"
A NIGHT FULL OF LIGHTS & SOUNDS
at UrBANGUILD, Kyoto

2015.09.15 [tue] OPEN / START 19:00

Charge : adv. 2,000yen + 1drink / door. 2,300yen + 1drink

VISUAL :
TUIA CHERICI [from France]
仙石彬人 AKITO SENGOKU + 山口惠子 Keiko Yamaguchi

MUSIC :

Background Music & Movie :
井上潤一 Junichi Inoue

* * *

Tuia Cherici トゥイア ケリチ
http://www.manucinema.net/

1977年生まれ、イタリア・フィレンツェ出身。2010年~2014年にベルリンを拠点に、2015年現在はマルセイユを拠点に活動中。映像制作、映像表現を主体とする芸術家。またマヌシネマ (Manucinema)という独自のアイデアとコンセプトによる即興の映像パフォーマンスを、音楽家やダンサーを交えて公演・発表している。

初期の映像作品 “グラマ (Gramma, 2005年)”はストップモーションアニメを手法とし、グレゴリー ペティクー (Gregory Petitqueux, 仏)とともに1999年から2003年にかけて製作された。彼女にとってこれが最初で最後の絵コンテを元にしたストーリー映像作品になる。その後彼女の関心はエウジェニオ サンナ (Eugenio Sanna, ギタリスト / 伊)とエドワード リッチ (Edoardo Ricci, サックスフォニスト / 伊)との出合いにより、彼らの即興演奏に魅了され、自らも彼らと演奏し、“即興”へと導かれてゆく。この経験は彼女のその後の映像作品の制作方法に大きく影響を与え、“瞬間”をとらえ映像化する感覚を作品に取り入れるようになる。また“夢”と“音楽”によるインスピレーションはしばしば作品創作の原点となる。

2004年にマヌシネマの活動の原点となる映像パフォーマンスを行う。マヌシネマは一般的な家庭用カメラとプロジェクターを用い、古典的なアニメーション手法を用いてオブジェクト (有機物, 液体, 印刷物, 廃材などあらゆる物)に命が吹き込まれる。同時に、音楽家との即興演奏による相互作用で、ストーリーとオブジェクト達は刻々と変容していく。それはまさに“視覚化“する即興演奏である。

2010年より人類学者アリアンナ チェッコーニ (Arianna Cecconi, 伊)とともに、人々の“夢”の調査と視覚化、アーカイブ化するプロジェクト“オニロスコープ (Oniroscope)”を行っている。


上地正彦 Masahiko Ueji
1981年生まれ。キーボード、バスクラリネット奏者、作曲家。幼少よりクラシックピアノを学び、その後ジャズやロックバンドでのキーボード演奏を経て、現在は即興演奏を中心に演奏活動をおこなっている。

2002年より東京や神奈川を中心にオリジナルバンドおよびソロで活動。バンド「Ave Masada」にて2009年横浜ジャズフェスティバル、バンド「ト・ゴ・ロ・ノ・ミ・コ」にて2010年秘境祭等のイベントで演奏する。また演劇での演奏や作曲、アーティスト、ダンサーとの共演も多く、「ワタラセアートプロジェクト」や「横浜ダンスコレクション」等の舞台やダンスイベントでの演奏および作曲も行う。

その後ヨーロッパのジャズ・即興シーンに影響を受け、2010年よりベルリンに移住。2011年ペーターブロッツマン (Peter Brotzmann)主催のワークショップおよび公演での演奏をきっかけに、ヨーロッパ各地のミュージシャンとの活動を始め、ヨーロッパ各地でセッションやコンサートを行う。グランドピアノとクラシックギターを音響装置として演奏するヨリスファーカメン (Joris Vercammen)とのプロジェクト「After Strings」として、2012年de Singel (アントワープ)にてマリエスボローネ (Marijs Boulogne)主催舞台「Who wants to be holy?」にて演奏者として参加する。また、2013年にフーチュンリン (Hui Chun Lin)とのデュオ「Fat Cat and Drunk Mouse」でCDを制作、ベルリン・サウンドペインティングオーケストラ (Berlin Soundpainting Orchestra)でバスクラリネット奏者として2013年、2014年と参加する。
2014 年よりマルセイユに移住。現在は自身のバンド「WYOMING」、「DAREDA」を中心に活動しつつ、ヨーロッパ・日本の民衆音楽を演奏する 「Nora Neko」、レゲエバンド「MADFAYA」、アフリカン音楽バンド「AFRONTIERE」にて演奏を行っている。

* * *


仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING]

http://akitosengoku.blogspot.jp
https://vimeo.com/akitosengoku

1983年 静岡県浜松市生まれ。京都市在住。2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、OHPを用いたヴィジュアルによるライブパフォーマンス"TIME PAINTING"をはじめる。宇宙や空、または細胞の世界を覗きこんだような抽象的なヴィジュアルイメージは、カラーインクやオイル、水などの液体を使って即興的に作られ、投影されている。まるで演奏をするかのように、3台のOHPを同時に操りながら紡がれる、光による物語の世界は、レイヤー状に重なることで深く、より緻密に複雑に広がり続けている。


山本精一, ナスノミツル, Fernando Kabusacki, CINEMA dub MONKS, Shing02ほか国内外のミュージシャンや、小野雅子, 鈴木ユキオのほかダンサーや舞踏家などジャンルを問わず様々な分野の表現者とコラボレートを繰り返し、流れていく夜にまぼろしのような時間を浮かびあがらせている。

山口惠子 Yamaguchi Keiko
http://brdg-ing.tumblr.com/

15歳より演劇を始め、ロンドンRose Bruford College 演劇大学に入学。パフォーマンス/演劇/ダンスを学ぶ。大学の授業で初めてButoh(舞踏)に出会い、舞踏の身体にある演劇性に魅了される。その後、桂 勘、遠藤公義の舞踏ワークショップを受け、2008年に桂勘の振り付け作品をパリ、バンコク、ロンドンで踊る。帰国後、京都を拠点に活動。主な出演作品に 松本雄吉演出「イキシマ」、「十九歳のジェイコブ」、きたまり振付「結婚」。2011年にBRDGという団体を創設し、演劇作品を発表している。


ryotaro [Acc, Synth]
http://www.ryotaro.info/
エレクトロニクスを融合したアコーディオン弾き。96年からナスノミツル (アルタードステイツ)、三条とおる (EP-4)らの[elements]に加入後、数々のアングラの巨匠達との共演を経て近年、中山ラビのツアーメンバーを務め、ミュージシャンだけでなくダンサー、パフォーマー等との共演を展開。またNY, LA, EUでのライヴ活動も精力的に行う。'10, '11年と、coba主催のイヴェントに参加。京都木屋町UrBANGUILDのブッキング担当。早朝の三条大橋と猫をこよなく愛する。

* * *
sonsengochabacco
https://m.facebook.com/sonsengochabacco
2007年 slonnonとのユニットでlight drawingなる即興で描く絵や様々な物体の影をビデオカメラで映像化したライブペイントを始める。様々な音楽家と様々な場所で出演。2012年にはsonsengochabaccoとして初個展「 メ メ ン カ ン チ ン 」@Cafe & Restaurant DECOを開催 2014年にはグループ展「繭雨」@結音茶舗に参加。2014年 yusuke yamaoka / knotenとのユニット「メメンカンチン」を開始、現在に至る。その他に2013年に谷町四丁目にてバーヒロシをはじめる。

イガキアキコ igaki akiko
http://igakiakiko.net/
音楽家・ヴァイオリニスト・クリエイター。CFや映像作品、ダンス、演劇、体操音楽などあらゆる分野への楽曲提供や、アレンジ・即興演奏を含め、ショピン、佐伯真有美 (ex. オニ)、湯川潮音、西村哲也、ザッハトルテなどの様々なアーティストの演奏サポートも行っている。

メインバンドである、にしもとひろことの女性デュオ『たゆたう』では、日本人ならではの世界観にこだわった楽曲を作詞作曲し、ヴァイオリン、おもちゃ、スティールパン、コーラスなどを担当するほか『Fanfare Roma'n-Garde』『電気ジプシースペシャル』『四日目バンド』『コロイド』等複数のバンドに在籍中。

今までにベルギー、ブルガリア、オーストラリア、韓国など海外ツアーも行い、現地の演奏家と共演。国内外で音楽活動をする傍ら、グラフィックデザイナーとしても活動している。ライフワークは「つくること」。いつもがむしゃらに何かに挑戦中。
* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!
UrBANGUILD アバンギルド  http://urbanguild.net/
京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F

2015/08/05

09.07 "梅津和時ちびブラス!? CD発売記念・歌舞音曲旅 2015" at UrBANGUILD, Kyoto イベント出演

"梅津和時ちびブラス!? CD発売記念・歌舞音曲旅 2015"
at UrBANGUILD, Kyoto

2015.09.07 [mon] OPEN 19:00 / START 19:30
Charge : adv. 2,500yen + 1drink / door. 3,000yen + 1drink

* * *
梅津和時ちびブラス UMEZU KAZUTOKI "CHIBI-BRASS"
http://www.k3.dion.ne.jp/~u-shi/chibib/index.html
2012年、梅津和時の最小ブラスバンドとして発足。鬼太鼓座&Musiciansとして東北の神楽や民俗芸能などと組んだ大一座で米ロサンゼルス、ニューヨーク国連本部、リンカーンセンター、仏パリ、中国5都市と巡回してまわること1ヶ月。各地での竹楽器ワークショップや公演を経て、帰国後、東北の旅へ。南三陸や大槌など被災した町や神社、仮設市場などで演奏する。以後、東京を中心に活動を続ける。2015年1月、有志とともに横浜・野毛で映画「カンタ!ティモール」とのジョイント・イベントを成功させる。2015年4月レコーディング。梅津和時の歌による「東北」も収録した初アルバム『歌舞音曲』、2015年7月5日発売。

* * *
私の思い出
http://watashinoomoide.com/

現在、京都ロックシーン絶賛暴走中の現存する唯一のアドベンチャーロックバンド、「私の思い出」。全国各地を股にかけ衝撃&笑劇のライブで中毒患者続出中だ。

内容のない歌詞、すぐに歌えるメロディ、ファンクやディスコ、パンクにヘヴィメタル、ハードロックまでやっちゃう無節操さが武器。現在までに京都・磔磔で3回のワンマン、名古屋・得三で2回のワンマン、2014年2月にファーストアルバム「アドベンチャー!危機一髪!」をリリース。CDジャーナル誌上で「筆者のイチオシ」と絶賛された。

意外な活動としては島田角栄監督、殺害塩化ビニールザ・クレイジーSKB社長 主演映画「死殺カオス 猿の帝国」に出演、社長のバックバンドをつとめたほか、アコースティックギタリスト押尾コータロー氏のラジオ番組にゲスト出演、押尾氏とのセッションも体験した。私の思い出の活動の範囲は大海原のごとく広い。

私の思い出のアドベンチャージャーニーはいったいどこにむかうのか?これからも5人の冒険野郎どもが気合満点で踊る!気合満点で叫ぶ! 気合満点でギャグを連発する!ついてこいよついてこいよ私の思い出に!見届けろ!

* * *

イロトリドリ IROTORIDORI
啓太郎 [SAX], GO→ [DANCE], 仙石彬人 [TIME PAINTING]
https://www.youtube.com/watch?v=aeY50bgLy60

『ゆれる ゆらぐ 彩る 染まる』
サックス奏者 啓太郎、ダンサー GO→、TIME PAINTING 仙石彬人という即興色強い3人が京都三条木屋町の地下喫茶店ガボールと出会い、音 × 身 × 光 × 食(!)というコラボレートに発展。2013~14年にかけて、"UNDERGROUND DINNER SHOW"と銘打ち 「イロトリドリ」というイベントを不定期に開催する。

今回はユニット"イロトリドリ"として、UrBANGUILDに登場!それぞれ各地で活発に活動する3人が、少しのブランクを経ての邂逅。今回は時間と空間をどのように染めあげるのか、ミモノです◎

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!
UrBANGUILD アバンギルド  http://urbanguild.net/
京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F

2015/08/04

09.06 "はじまりの宴" にしもとひろこ個展オープニングパーティ at 結音茶舗, Osaka イベント出演

"はじまりの宴"
にしもとひろこ個展オープニングパーティ
at 結音茶舗, Osaka
2015.09.06 [sun] OPEN 18:30 / START 19:30

Charge : door. 2,500yen (1ドリンク)
定員:25名 *お早めのご予約をおすすめいたします。

LIVE :
たゆたう + 仙石彬人 [TIME PAINTING, Visual]
にしもとひろこ + sonSENGOKUbacco [Live・Visual・HipHop]

* * *
結音茶舗 http://結音茶舗.com/
大阪府大阪市中央区久太郎町3-1-22
 OSKビル4階 奥

2015/08/02

08.29 "音と空間。VISUAL × MUSIC" at Walzer, Osaka イベント出演

"音と空間。VISUAL × MUSIC"
at Walzer, Osaka
2015.08.29 [sat] OPEN 19:00 / START 19:30
Charge : door. 2,500yen + 1drink

絵の中に入っていくような光と音の幻想的な世界。
時間に描かれ、空間にまぼろしのように浮かびあがらせる「TIME PAINTING」をジャズカルテットの生演奏と共にお届けします。

LIVE :
yuka [vocal]
片岡ゆき YUKI KATAOKA [piano]
近藤哲生 TETSUO KONDO [bass]
飯田一馬 KAZUMA IIDA [drums]
 
TIME PAINTING :

仙石彬人 AKITO SENGOKU


* * *

Walzer
ワルツァ http://walzer-bar.com/

〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島7-9-17 1F

2015/07/28

08.23 LIQUID LIGHTING WORKSHOP "じかんに絵をかこう" & INSTALLATION "リキッドライティングと音楽のインスタレーション" at 金沢芸術村 アート工房 PIT5, Kanazawa 開催

TIME PAINTING
LIQUID LIGHTING WORKSHOP
"じかんに絵をかこう"

at 金沢芸術村 アート工房 PIT5, Kanazawa
2015.08.23 [sun] OPEN / START 16:00
参加費 : 500円 (定員先着20名 / 要事前申込)


OHPを用いて、インクやオイル、水を使って、みんなで時間とともに変化する大きな絵を描きます。

講師 :
仙石彬人

お申し込み方法:
金沢市民芸術村に電話申し込みの上、参加費500円をお持ちください。ご入金いただいた後に申し込み完了となります。


お問い合わせ:

金沢市民芸術村 TEL : 076-265-8300


* * *
INSTALLATION
"リキッドライティングと音楽のインスタレーション"

at 金沢芸術村 アート工房 PIT5, Kanazawa

2015.08.23 [sun] 
OPEN 18:30 / START 19:00

Charge : FREE!!

仙石彬人によるOHPを用いたライブパフォーマンス"TIME PAINTING"と音楽家 ASUNAとのインスタレーション。

LIVE :
仙石彬人
ASUNA


[PRPFILE]

ASUNA

1999年、古いリード・オルガンとエレクトロニクスによるドローンを主体として制作したカセット音源が東京のレコードショップで話題を集める。2003年、スペインのラッキー・キッチンよりアルバム「Organ Leaf」を発表。その後、インスタレーション作品や多数のコンピレーション・アルバムに参加、コラボレーション活動も多数行なう。また、自身のレーベルao to aoの主宰。

* * *
金沢市民芸術村
Kanazawa Citizen's Art Center http://www.artvillage.gr.jp/
石川県金沢市大和町1-1

2015/07/27

08.21 "じかんに絵をかこう" -TIME PAINTING ひかりのワークショップ- at 金沢21世紀美術館, Kanazawa ワークショップ開催!

金沢ナイトミュージアム 2015 夏秋編
"じかんに絵をかこう" -TIME PAINTING ひかりのワークショップ-
at 金沢21世紀美術館 会議室1, Kanazawa
2015.08.21 [fri] OPEN 19:00 / START 19:30
参加費:500yen [要予約 7/1(水) ~ 予約受付開始]
定員:親子20組

オーバーヘッドプロジェクターとインクやオイルを使って、みんなで時間とともに変化する大きな絵を描きます。

講師:

仙石彬人 AKITO SENGOKU

お問い合わせ:金沢芸術創造財団 TEL.076-223-9898

* * *
金沢21世紀美術館 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa

https://www.kanazawa21.jp/
石川県金沢市広坂1丁目2番1号

2015/07/15

08.08 "数えきれない リリースツアー 松本公演" at Give me little more., Nagano イベント出演

数えきれない "SUMMER TOUR 2015" / Illustration & Design : AKITO SENGOKU
"数えきれない リリースツアー 松本公演"
at Give me little more., Nagano

2015.08.08 [sat] OPEN 18:30 / START 19:00
Charge : adv. 1,500yen / door. 1,800yen

プログレ× ニューウェーブ÷アイドル?
京都アンダーグラウンド最重要・ガールズトリオ ”数えきれない”がギブミーに初登場!


スズメンバ、かりきりん、ex. 薄花はっぱのメンバーら京都のアンダーグラウンドシーンの才女たちが集結したストレンジ・ポップ・ガールズトリオ”数えきれない”。目まぐるしく展開する楽曲構成、パズルのような遊び心満載のポリリズム、NYパンクからオルタナティブまでを咀嚼しつつサイケな音像で這いずりまわるギター、の上で人懐っこいメロディが三声でフワフワと投げ込まれる。全てバラバラのようで、魔法のように合致してしまった音楽。山本精一周辺の音好きはもちろん、Deerhoof好きの人にもおすすめです!

今回は、仙石彬人による"TIME PAINTING”(3台のOHPと、カラーインクやオイル、水などの液体を使って即興的に抽象的なヴィジュアルを生み出すライブパフォーマンス)の演出もあります。

共演は、崩壊寸前な魅力に溢れる放蕩ロックスター・岡沢じゅん率いるプリミティブロックバンド・”ぐっとクルー”、Hi-Fiダンスミュージック×シューゲイザー×スカムボーカルというミスマッチな組み合わせを力技でミックスした音楽がどうしても気になってしまう3人組ユニット”トーキョー・ハラキリ・アンダーグラウンド”、ソングライティング力の高さで静かに話題を呼んでいる信大ビートルズ研究会のニューカマー・ガールズポップ”グリーンパル”。

TIME PAINTINGと童心溢れるいびつなポップソングで、 この夜はGive me little more.が 魔宮に変わります。

* * *

LIVE :

数えきれない
ぐっとクルー
TOKYO HARAKIRI UNDERGROUND
グリーンパル


VISUAL :
仙石彬人 [TIME PAINTING]


* * *
Give me little more. ギブミーリトルモア http://givemelittlemore.blogspot.jp/
長野県松本市中央3-11-7

2015/07/10

08.07 "数えきれない “SUMMER TOUR 2015” in NAGOYA" at 鶴舞 K.D Japon, Nagoya イベント出演

"数えきれない “SUMMER TOUR 2015” in NAGOYA"
at 鶴舞 K.D Japon, Nagoya
2015.08.07 [fri] OPEN 19:00 / START 19:30
Charge : adv. 2,000yen + 1drink / door. 2,500yen + 1drink


むうとん (ドラヒップ / スズメンバ)、あずみ (かりきりん / ex. 薄花葉っぱ)、そして10数年振りにドラムを叩くやすよによる京都発、ファンタジックでサイケデリックでオルタナティヴでポップ!なガールズバンド "数えきれない"が初来名!


LIVE :
数えきれない
バーバパングリン

仙石彬人 [TIME PAINTING] × inahata emi [MUSIC] × 田辺 舞 [DANCE]

* * *
K.D Japon K.Dハポン http://kdjapon.jimdo.com/
名古屋市中区千代田5丁目12-7

2015/06/30

07.30 "LIQUID LIGHT CIRCUS VOL.02 -京都編-" at UrBANGUILD, Kyoto イベント開催!

"LIQUID LIGHT CIRCUS VOL.02 -京都編-" 
at UrBANGUILD, Kyoto
2015.07.30[thu] OPEN / START 19:00 
Charge : adv. 2,300yen + 1drink / door. 2,800yen + 1drink

LIVE :
西 滝太 (PARA) + ハラダアツシ [Light Painter]
ミズモノ : 今 貂子 [舞踏] + ryotaro [sound] + 仙石彬人 [TIME PAINTING]

DJ :
井上潤一
森川博文

SHOP :
SMOKE ME


東京のオーバーヘッドブラザー ハラダアツシ氏とのリキッドライティングを全面に押し出した企画 "LIQUID LIGHT CIRCUS"がついに京都に上陸。今回は、liquidbiupil アキラ氏とAcid Mothers Templeの河端 一氏のユニット"SKY SHINE"をゲストに迎え、ハラダくんと僕も含めたOHPパフォーマーが3組!UrBANGUILDに勢揃い!いつかやってみたいなぁと思っていた OHP祭りの夢が叶います◎

僕も初体験の"SKY SHINE"のほか、ハラダくんはPARA, PSYCHEDELIC JET SETS etcの鍵盤奏者、西 滝太氏と初共演!僕は毎回新しい次元に突入してしまう今 貂子さん, ryotaro氏との舞踏と音と光の異次元ユニット "ミズモノ"で出演します。

さらにDJは京都が誇る変態DJズ。井上潤一氏と森川博文氏!キラキラした音楽で空間を埋め尽くしてくれるでしょう。LIVE後にDJに合わせてのliquidbiupil × ハラダアツシ × 仙石彬人のOHPセッションも実現するかも!


世界的にも珍しい(?)オーバーヘッドプロジェクター使いが揃う夜。みんなで堪能しましょう!ご予約受付中!OHP並べてお待ちしております!

* * *
[PROFILE] 

SKY SHINE : 河端 一 [Acid Mothers Temple] + liquidbiupil
恍惚ギタードローンの開祖 河端一と、光の魔術師 liquidbiupilによる、音と光のコラボユニット「Sky Shine」これは音と光による錬金術か?音と光の曼荼羅を描き、サイケデリック亜空間をを現出させる!ブラフマンと合一し、常世の入り口を開け!

liquidbiupil リキッドビューピル
リキッドライトという手法を用いてステージを演出するライトショーユニット。 オーバーヘッドプロジェクターやスライドプロジェクターを駆使して投射されるサイケデリックな世界は光の魔術師と賞され、国内外のアーチストのステージを彩っている。Enjoy!! 

河端 一 Makoto Kawabata [Acid Mothers Temple]
http://acidmothers.com/
海外で絶大なる人気を誇る Acid Mothers Templeの総帥として、数多のツアーを行い、GONG、GURUGURUなどのレジェンドとの合体も果たす。激辛スパイスと笑いの効いたハイパースキルユニットの数々、Rockそのものを体現する超絶ギタリストとしての姿以外にも、ギタードローン、エレクトロニクスをはじめとするソロワークスでは、空間を捉えて鳴らす、独自のサウンドスケープを展開する。


* * *


西 滝太 [PARA] + ハラダアツ[Light Painter]

ハラダ アツシ Atsushi Harada [Light Painter]
OHP (オーバーヘッドプロジェクター)を使用したアナログの映像手法で、ライブハウス、クラブ、ミュージックフェス、アートフェス、美術館、ミュージックビデオなどで、 様々なジャンルのアーティストに視覚的な演出を行なう。また、映画監督の坂本あゆみと、OHPユニット『AOHPA』(最大8台のOHPを操るユニット)として活動。

柴咲コウ「蒼い星」, KEN (L'Arc~en~Ciel)「IN PHYSICAL」, ANYANGO「ANYANGO A LIVE」, Cro-magnon「逆襲のテーマ」, ザ・なつやすみバンド「パラード」などのミュージックビデオで、Light Paint映像を使った演出を担当。

西 滝太 Ryota Nishi [PARA]
https://twitter.com/NISHI_RYOTA


* * *

ミズモノ : 今 貂子 [舞踏] + ryotaro [sound] + 仙石彬人 [TIME PAINTING]
白虎者出身の舞踏家 今 貂子とエレクトロニクスを融合したアコーディオン弾きのryotaro、そしてOHPを用いたヴィジュアルによるライヴパフォーマンス"TIME PAINTING"アーティスト、仙石彬人によって2012年結成。即興ではあるが根底に流れる、それぞれの頭の中にある物語や風景、記憶や想像を一つの作品として体現する。

仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING]
http://akitosengoku.blogspot.jp
https://vimeo.com/akitosengoku
1983年 静岡県浜松市生まれ。京都市在住。2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、OHPを用いたヴィジュアルによるライブパフォーマンス"TIME PAINTING"をはじめる。宇宙や空、または細胞の世界を覗きこんだような抽象的なヴィジュアルイメージは、カラーインクやオイル、水などの液体を使って即興的に作られ、投影されている。まるで演奏をするかのように、3台のOHPを同時に操りながら紡がれる、光による物語の世界は、レイヤー状に重なることで深く、より緻密に複雑に広がり続けている。


山本精一, ナスノミツル, Fernando Kabusacki, CINEMA dub MONKS, Shing02ほか国内外のミュージシャンや、小野雅子, 鈴木ユキオのほかダンサーや舞踏家などジャンルを問わず様々な分野の表現者とコラボレートを繰り返し、流れていく夜にまぼろしのような時間を浮かびあがらせている。


今 貂子 Tenko Ima [舞踏]
https://www.facebook.com/imakirakira

舞踏家、振付家、演出家。今貂子舞踏研究所代表。舞踏カンパニー 倚羅座主宰。1980-94年、舞踏グループ白虎社に参加。ヨーロッパ、アジア、南米の海外公演、国内公演に舞踏手として出演、また衣裳デザイン・製作を担当。

1999年、舞踏ワークショップ開始。2000年、ワークショップを母胎に、舞踏カンパニー「今貂子 + 倚羅座」結成。2005年、今貂子 + 倚羅座ヨーロッパツアー。2007年より、京都・五條會館 (旧五條楽園歌舞練場)にて、カンパニー定期公演に取り組む。2012年「花軍」、2013年ソロ公演「閃光」では、文化庁芸術祭参加。2014年、カンパニー名を、舞踏カンパニー倚羅座と改めた。

日本の芸能の源流にみられる「たまふり(命の活性化)の力」に支えられたアバンギャルドな舞踏の探求を通じ、独自の境地を開拓。五條會館での定期公演を軸に、野外パフォーマンス、京都 UrBANGUILDでのコラボレーションなど、舞踏に新たな命を吹き込むべく、奮闘を続けている。


ryotaro [Acc, Synth]
http://www.ryotaro.info/
エレクトロニクスを融合したアコーディオン弾き。96年からナスノミツル (アルタードステイツ)、三条とおる (EP-4)らの[elements]に加入後、数々のアングラの巨匠達との共演を経て近年、中山ラビのツアーメンバーを務め、ミュージシャンだけでなくダンサー、パフォーマー等との共演を展開。またNY, LA, EUでのライヴ活動も精力的に行う。'10, '11年と、coba主催のイヴェントに参加。京都木屋町UrBANGUILDのブッキング担当。早朝の三条大橋と猫をこよなく愛する。

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!
UrBANGUILD アバンギルド  http://urbanguild.net/
京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F